Du hast 〜Jリーグ至高〜

兄弟による、東西Jリーグをぼやくブログ。

2018 J2 第36節 レノファ山口FC vs アビスパ福岡

おそらく今シーズン最後の観戦。

念願のアビスパ@維新みらスタ。

 

f:id:du_hast:20181014002741j:image

 

どーーーっとアビサポも入ってたし、九州の盟主っぷりが発揮されてました。

 

かのケイゴさんおるし、やっぱり醸し出される雰囲気が好きなんよねー。代表戦の時、ザックさんの時の東アジア杯で、ソウル・アウェイで写真撮ってもらった事あるのが自慢(笑)

 

ちなみに、俺的アビスパのベストヒット・チャントは。

 

5位  勝ちたいなら〜気持ち見せろ〜

4位  俺たちがー福岡ー熱くー燃えるーこの気持ちー届くまでー歌い続けるーー

3位  アビスパオーーレーーー

2位  俺たちの街にはーーーアビスパがあるーー

1位  いけー!撃てー!魅せてやれ!JOGO!!

 

でした。

 

前半いきなり、ドタバタしたところでPK献上。けど個人的に、何故が石津がキッカーに安心して、ズバリその通りの結果にw

 

ただ、その後低い位置でカットされたものを、その石津のアシストで松田力が流し込んで先制。

 

まぁー試合の流れは皆さんに任せておくとして、気になった点を何点か。

 

  • 整理された守備とは真反対のアビスパの攻撃のなさ。
  • レノファ のセットプレーの弱さ
  • セグ全体的に悪くないが、もっと精度のあるクロスを。
  • 楠本の失敗も成功も、全てが今は糧になる。だから何事もチャレンジ!

 

と言うところだろうか。

 

まぁー結論言うと、内容押していたと思うし、いくら作れていたとしても、勝ったのはアビスパという事実は、アビスパの方が強いという事実だったということ。残念ながら、フットボールなんぞそんなもの。

 

だけど、レノファは決して悲観しなくて良いと思う。今年まだプレーオフ圏目指せるところにあると言うのも、もちろん大事だが。

 

あくまでも基盤作りが非常に大事だと思うわけです。

 

今上のステージに上がったとしても悪いが、この終盤に来て順位と共にお客さんの足が遠のいてる様では、まだ現実J1は早いし、まだまだやらなければならない事は沢山あるはず。

 

だから、一つ一つ積み上げて行けば良いわけです。かける時間と密度です。

 

今年間違いなくレノファは霜田監督へ声を掛けて大正解だったと俺は思う。(統括するには少し早いが)

 

なんでかって、やっぱり選手の育成然りファンサポへの姿勢が俺は今まで見たことがないくらい素晴らしい監督だなって感じた。

それは上っ面の言葉じゃなくて、本当に俺の勝手な思いなんだけど「あーこの監督と共有して行けたら、希望が見えるかも。見させてくれるかも」って思わせてくれる。そんな人。

 

負けた試合で選手と一緒に最後まで挨拶回りしてる監督は見たことない。

 

そんな姿勢にとてもリスペクトするし、何とか上のステージへ導くための何かに貢献したいって思う。だから、まずは一緒に共有出来るように、現場で見届けたい。その生き様を。

 

そんな監督の仕事ぶりに、レンタルの若手さんも是非何人か山口に家を買っていただいてですね、、、基盤を作って欲しいなーなんていうかワガママを思ってしまうわけです。

けど、今年の活躍ぶりなら、霜田塾でやりたい!っていう選手が加入して、さらに競争が加われば良いな。

 

なんて妄想を抱きながら、すこし山口の夢に自分も想いを馳せて見ました。

 

Yamaguchi!!  Ole!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタンスと強い気持ち。

2018年J2 第34節 レノファ山口FC大分トリニータ

 

試合前にスタジアム周りを闊歩してる時から「トリニータサポ多いなー」という印象まんまという試合だった。

 

入ってみたらすげー幕の数。圧倒的な人の数。旗の数。

これがJ1で歴史を築き上げてきた賜物なんだなと、その違いを見せつけられた。かけた時間の違いやし、そこは変えられない現実だ。

 

f:id:du_hast:20180927230138j:image

今までみらスタで観て来た中で、圧倒的なゴル裏の数。なんか、無性にシャムスカ時代の国立決勝を思い出した。

 

 

その違いを見れただけでも、俺はこの試合とても意義深いものと感じるし、まだまだレノファにも成長曲線が無限にあるという事も感じられた。

 

去年から自分的にはややペースあげて、レノファをみてきた中で、とても疑問な事がある。

 

ツイッターでも度々書いているが、「負けた試合でも、勝った試合でも試合の結果に関係なく相手チームに行った、元レノファ選手のチャントを試合後に歌う事」

 

こう面倒なことを思ってしまう事は、基本的に自分のスタンス的な問題だけど「勝ったら別に良いけど、ドロー引き分けなら無しじゃね?」って思うのが所以。

 

勿論試合終われば、そこは敵味方関係なしなんだろうが、自分が思うに「自分は何か?何の為にここに来ているのか?」って事なんだと思う。

 

それを考えたら必然的に「俺らはレノファを勝たせる為に来た」って所に行き着かないのかなーと、疑問に思う。

勿論、皆そう思って闘ってるだろうし、何もバモってない俺が口挟むことではない。ましてや、幕も出してねー、声も出さねーバモってねー。応援を作ってるサイドの人間ではないので、そんな事は声を大にしては言えない。メインスタンドで、のほほんと観てる人間がこんな事言うべきではないし。

だから、環境を作ってくれてる方々にリスペクトして無さそうなこと言って、申し訳ない気持ち。

 

けども、もっと勝たせる事ってどんなことかってのを、フォーカスするだけでもやる事なんて、死ぬほどあると思う。てか、ある。

 

今勝ててない状況をどれだけ自分でアクションできるかっていうのは、サポ苦行の中では非常に重要なアプローチだと俺は思ってる。当然、成功も失敗もあるだろうし、バスを囲んじゃったりする事も中にはあるだろう(笑)

 

そのやった事が必ずしも、結果に繋がるとは言えない。それが勝利に繋がったと言える、証拠なんてさらっさらにない。

 

何も全ての馴れ合いを罵倒するわけでもないし、文化は否定しません。

けれども、今置かれてるクラブの14戦勝ち無しの現状。俺たちが見なければならない、今後の行く末を力強く後押しするにはもっと俺たち自身が変化しなければ、クラブは強くなっていかないんじゃないか?って事か言いたい訳です。

 

地域リーグ時代から躍進して、ここまで来れた現実、歴史、文化というのはキチンと守るべき。が、状況に応じて強烈でより強力なサポートを選手やクラブは欲していると個人的には思います。

 

過去の自分のように、生活を削ってまで今は行ける覚悟がないし、そこまでの時間を避けそうにない現実が自分にはあるので。すげー勝手な評論ぶった論評は書いてて、焦ったく感じると共に、何か一人ひとりのサポ、ファンが考えて変化が起きてほしいなと思う正直な気持ちを記しておきます。

 

さー、アウェイのえふしー戦。

下関 でやる岐阜戦。ここ、かなりターニングポイントだと思うので、何か掴みたい終盤戦のキッカケになれば。

 

VAMOS!!!!

J2 第33節 松本山雅FC対レノファ山口FC

ついに念願のアルウィンへ弟と参戦出来た事が、何よりも嬉しかった。

 

当日は朝7時には出発して、海老名JCTを抜けて圏央道経由で八王子から中央道へ。

 

f:id:du_hast:20180918004352j:image

 

行きも帰りも、ずーーーーーーっとこんな感じでどんよりしてた。ほぼ終日雨で、今回は弟の雨男パワーが凄ぶる発揮されました。

(ほぼ屋根なしのアルウィンで発揮すんな)

 

ちなみに、私はほぼ晴れ男です。

 

心配してた駐車場は、山雅のツイッターのアカウントを直前で追ったらどの場所が解放されているのか分かったので、徒歩15-20分くらいの陸上競技場に駐車して、GO.

 

f:id:du_hast:20180918004858j:image

 

入場前に蕎麦食って、なんやかんやしてたら選手ウォーミングアップでした。

てか、スタグルかなり充実してるっぼかったし、雨で尚且つ屋根ほぼなしなのに、結果的に9000人台まで集めるのは本当にすげーな。

みんな、山が近くだから天候変わりやすかったり、雨降られることに慣れてんのかな?

山雅のゴル裏もかなり埋まってたし、ピーピーうるさかったけどw まぁーそれそれで文化なのでいいんじゃないですかね。

個人的に、山雅のスタメン紹介する映像は嫌いじゃない。レノファさんも来シーズンはメッセージと選手の躍動感あるムービー入れて欲しいな。(どっかの法人様の営業も兼ねて、是非実現を!)

 

試合内容はざっくりと、この試合はミッツ(吉満)の好セーブ&山雅の山本選手の宇宙開発&セルジーニョのシュートがことごとくクロスバーとか、枠外れたりで本当に助かったり、救われた試合でもあったがキチンと勝ち点1取れたのはポジティブな要素。

 

あと、個人的には低い位置で取られて真正面からカウンターを受けるところを、サトケンが回収できていたのが、とても好印象だったかな。

サッカー観る目ないから。この辺でこの話は終わり。

 

他の印象は

1. 山雅のコルリの位置って中段だったんだ。

2. 山雅のスネアーって何であんなに音でかいな?そもそもスネアー?スネアー何台使ったらあの音でんの?

3. レノサポさん。もっとプレーに拍手したり反応しようぜ!自分はいう価値ないっすね。すみません。

4. セグ裏取られまくってた気もするが、セグVAMO!!!!!!  君ならできるさ、どんなことも。おー瀬川ー、、、、以下略。

5. 結局信州そばも、松本城も見ずに帰る遠征も悪くないね。そんな遠征こそ最高だけどな。

 

6. 選手挨拶後の「霜田レノファ」コールにグッとエンブレムを握りしめて、コールに応える霜田さん。これ見ただけで、俺は山雅アウェイ行った価値あったと感じれた。

 

 

f:id:du_hast:20180918010647j:image

 

締めは、談合坂のSAで食った味噌ラーメン。これ自分的には新感覚の味噌ラーメンだったが。かなり美味しかったです。

 

中々の非充実ぶりですが、弾丸レノファアウェイもそこそこ楽しめました。試合見てナンボです。そこを忘れてはなりませぬ。現場ナンボですね。

 

おわり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「手拍子」に関しての持論

前置きとして、先日のジェフ戦の現場行けてないのでたられば的な要素や、だったのかな的なも含まれた書き方をします。

 

目的は応援のイロハを説きたい訳ではなくて、サポ目線のちょっとしたお節介な記事と思って下さいw

 

自分は長年でもないけど、10年ほど某チームの、コアエリアもしくはその付近で応援して来た身として、今回の件で感じた事を綴っておきます。

 

応援の意図がコアと意図しない所に転ぶことも時としてあるでしょうし、応援・観戦のスタイルなんてのはチーム、個人それぞれです。なので押し付けたりもしない。

 

ただ、気になったのは。

 

なぜ、手拍子の応援が応援放棄に見られてしまったのか

と言う事象に関して。

 

手拍子だけでやる応援って、流れと試合の雰囲気を読んでやらねばならないので、個人的には結構難しい物と勝手に位置付けている。

また、手拍子の応援は割と自然発生。もしくは、最初始まってた応援が自然に継承される形とかなのかな。そういうイメージが強い。レノファの場合のはあまり分からないが。

 

通算で25試合くらいしか自分は行ってないし、ましてやゴル裏の分析なんてしてないが、レノファのゴル裏は「頭の上で手拍子を叩く習慣」というものが文化的にまだないと個人的に思う。あくまでもバクスタやメインスタンドから俯瞰してる中での全体のイメージです。また、スタイルを押し付けるものではない。

 

今回の一件の前にコルリや、コアが掛け声かけて、どんな形でその手拍子の応援を始めようとしたのかは、応援を作られてる方にお任せするとしても、コアとその周辺部、さらにはスタジアム全体の一体感を出す太鼓なしの手拍子の応援を出せるかどうかは「手拍子してるんだ」と言うのが、ビジュアル的にもスタジアム全体にすぐ分からない限り手拍子というのは、意外に遠くまで伝染しないという事。

 

また頭の上で手拍子する事で、全体にその音が響くことで、伝染するもの。

 

f:id:du_hast:20180903232006j:image

 

ここまで手を上げた方が良いかは別として、最近流行りのバイキング・クラップスを例に。

 

やはり、クラップの時の破裂音は音的にも波及するので効果的。ビジュアルと同時にただ単に拍手するものとは違う事も意識すれば、スタジアムで出る音に深みが増すでしょう。

 

f:id:du_hast:20180903234851p:image

インターネットの記事から、クラップ音の出し方に関して拝借。

 

まぁーこんな事を、一両日で出来るわけでもないし、サポ文化は日々の積み重ねで醸成されるもの。

 

 

何が言いたいのかと言うと。

 

ただの手拍子、されど手拍子。侮る事なかれ!

 

という事です。

 

応援の強弱の面という所をフォーカスしてみても、いつも同じ事やってても、チームが勝ててなければ、少し違う事をやったりするのは決して悪いことではないし。

例えば、自分が経験した、最大の応援の強弱が上手いチームは「コリンチャンス」だった。日スタでクラブW杯での試合で大勢のコリンチャーノが来てたわけだが、自分の記憶が正しければほぼ一つのチャントで通していた(笑)流れに応じてリズムを変えることでかなり、メリハリが効いた応援になってたのは、やはり文化なのだろうw

 

話が逸れたけれども、割とミクロなことにクローズアップした内容かもしれませんが、その動作の意図や意味を多くの方に知ってもらえれば、スタジアムで音を出す意味や楽しさ。一体感がより出れば、今後のみらスタの雰囲気がより一層、良くなるものになる事を願っております。

 

激勝 vs ヴェルディー 2018年5月12日

久々に興奮した試合だったので、残しておこうと思います。

ところで、5.15でJリーグが開幕して25年なんだね。本当にそんな試合の対戦相手がヴェルディーと言うのが、しみじみさせられる。

 

前半は相変わらずの、イマイチな出足な印象。オナイウ?のヘッドの後は鳥養の裏を立て続けに突かれて、二失点。やむを得ない。渡辺のクロスが確かに良かったし。決めるだけやった。

 

ただ、ここで終わらないのが、レノファイズムなのだろうね。しかも、時間見たら、残り20分からあんなに決めてたのかw

 

個人的には今日あまりパッとした印象がなかった三幸だったけど、1点目のクロスはコーナーを変化させてしっかりエグってる良いクロスでした。すごいパスやった。

 

まぁーなんかゴールが多くてなんか幸せな試合だった。特に燻ってたんじゃないかと言う岸のゴール。良かった。良かったよ。みんなで喜んでる姿が、とても嬉しかった。山口のエースでなければならない人だから、彼の待望初ゴールでこれからも本当に楽しみになった。歴史を知らん俺が語るほどでもないが。

 

あと、さりげなく決勝点になったオナイウのあの4点目のトラップなんなん。凄くないか?

 

色々詰まった90分?20分?(笑)でしたw

 

けど、長いシーズンで試合ごとにヒーローが出てくるのは本当に大事。

 

あと、ロスタイムの栄介さんのセーブ。

 

4-3なんていう試合は本当に久々に見た気がするけど。とても楽しかったわ。

 

てか、もっと見に来てよ。山口県民よ。

今日の試合はもちろん結果論だが。4800人って寂しくはないか?

内容は荒々しいけどさwけど、お客さんを楽しませてくれる、良いフットボールしてるよ。本当。

 

いよいよ、大分との直接対決。その後、下関でのカマタマーレ戦の後岡山との試合もあるし、ワールドカップ前にしびれる展開になって来た。

 

はぁー魔境J2。深く味わったことがない身ですが、とても楽しうございます。堪らないっすね。遠くのワールドカップも良いけど、近くの魔境も楽しいっすね。

 

f:id:du_hast:20180513002056j:image

 

久々にBA席からの観戦。

ファミリー層が以前よりも増えてる印象で天気の大事さと共に、チャントを歌ってる子供も居て、フットボールの文化が醸成されつつあることを感じさせた。

レノファは山口の未来を変えられると思う。この県を一つにする物だと思う。

 

某社長のお言葉を借りると、「フットボールには、夢がある。」

 

 

 

明けましておめでとうございます 2018

みなさま明けましておめでとうございます!

 

2018年J2 第1節

レノファ山口FCロアッソ熊本へ行ってまいりました。

 

 

試合自体は、霜田監督のアグレッシブなフットボールを目の当たりにできて、大変満足でした。まずは、来月の山雅戦くらいまでに、どのくらいの成績を収められてるかが、ポイントなのかな。

 

とりあえず、みんながきちんと「守備」をしてて安心した。

 

前から行く守備になって、足が攣ってた小野瀬。怪我でなければ良いのだが、本当に後半メインスタンド側だったから、ガンガン仕掛ける彼が見れて楽しかった。あれが本来の彼の姿なんだろうと、再認識できて躍動してて良かった。それに4点目は彼のパスからの三幸のゴラッソ。マジで去年苦しんだシーズンを共にした選手のコンビネーションで崩せたのは堪んない。

 

瀬川もガンガンオーバーラップしてたし、前君も相変わらずのアップダウン。今年は右から左から、本当に楽しみになりそう。

 

人の入りも良かったし、Lフラが発売された事で雰囲気もダイブ良くなったのではないかな。

 

まぁー後は、もっと選手がミスした時とか惜しいシーンへの反応を意識して欲しい。

シュート外したら「ウーーー!(低音)」

ミスしても「次ー!」とか「バモー!」とか、一つの反応とか声で後押しできる事ってまだまだあるよ。

周りにいるレノファサポやファンの方が早くそういった、「リアクションの大切さ」に気づいて欲しい。

 

さー次も勝てるように、MCからひっそりと見守ろう。愛媛戦も行く予定。

 

兄。

 

f:id:du_hast:20180226232135j:image

20位フィニッシュ with マジョール解任

こんばんは。兄です。

 

Jリーグも終盤。J2最終節のレノファの試合を見て、今年の見納めをして来ました。

 

まぁー試合としては、今年らしい内容だったと思いますが、宮城の下半身はすごく強靭だなと感心しました。

 

変なことはご想像なきよう。ただ、まじで良いケツしてると思います。

 

来年、また宮城とサトケンのボランチであればだいぶ安定感増すと思うから、大崩れはしなくなるのではないでしょうか。

ただ、後ろも前も特にサイドもまだまだなので、これは来年のシーズン開幕までにテコ入れが必要ということで。

 

大石のゴラッソは中々でしたが、相変わらずマジョールさんの試合中の采配は当たりませんね。

 

小野瀬の交代は岸田がマジョールさんに何か言った後に起こったので、多分前半の怪我だったのかなと推測しますが。加藤大樹の起用はなんとかならないのかね。悪くはないんだけど、個人的に使い方の問題が大きい気がします。

 

サイドからのクロスにやられるパターンも来年は修正していきたいな。ただ、レンタル加入も多かったし、その中でやりくりするのは本当に大変。J2下の順位に居て、J2加入で三年目というまだまだ若いチーム待っているのは、引き抜きの嵐だと思っております。だから、戦力は都度変わるし、安定した戦いなんて簡単には出来ない。

 

その中で如何に良い選手を留めて、上澄みを図って行くか。監督を変えるのも良いけど、簡単に変えてしまっては戦術もクソもないし、チームとして上澄みなんて無理ですしね。

 

ジョール監督が解任ということで、本当にこの残留させてくれた恩は忘れてはならないと思う。

 

ただ、転換を図っていくのはフロントだし俺たちは何も出来ないし、それを見届けるだけで儚い。けど、本当に納得いかないならクラブハウス囲んで説明求めれば良いし、本当に守りたいものがそこにあるなら、自分の思うがままに仲間とすれば良いと思う。

 

本当に無くしてはいけない時にキチンと行動できるか。その行動をした分、後悔はしないし来たる次のシーズンきちんとスイッチオンできると思います。そして、愛も深まると僕は思います。

 

f:id:du_hast:20171121230724j:image

 

来年はどんなシーズンになるのだろうか。